キャリアパスの多様化とそれに対する心構え

ひと昔前であれば、プログラマーが思い描くことができるキャリアパスは極めて単純なものでした。
すなわち、プログラマーからシステムエンジニアを経て、最終的にプロジェクトマネーへとたどり着く道筋です。
逆に言えば、技術屋としてこの業界に飛び込んできたとしても、40歳にもなれば管理職の座に就くことが半ば義務付けられていたのです。
それが出来ない者は、どんなに技術を磨いてもリーダーの資質がない人間として軽んじられてきました。

しかし、現在では開発プロジェクトの複雑化によって、以前より専門に突出した人材が求められるようになっています。
それに伴い、プログラマーやエンジニアも多様なキャリアデザインを描くことが可能になってきているのです。
例えば、ITアーキテクトという職業があります。これは異なる技術のシステムを複数組み合わせて、全体としての大きなシステムを構築するのが仕事です。
さらに、情報システムの構築と運営を行うITスペシャリストという職業もあり、いずれも幅広い知識とスキルが必要とされます。

今やプログラマーの行きつく先は管理職とは限らず、生涯スキルを追求する道も開けてきているのです。
このような現状の中で、IT業界を目指す者は改めて自らのキャリアデザインを見つめ直す必要が生まれてきました。
将来の幅が広がったことで、どの方向に向かって歩くのかをしっかりと見定める必然性が高まってきているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です